シーア派イスラーム神話と歴史

嶋本隆光 著

中東における強大な勢力シーア派の思想を理解するためには、社会的、政治的事件にかかわる知識だけでは十分ではない。シーア派において決定的に重要な意味をもつのは、イマームと呼ばれるイスラーム共同体の指導者である。本書は、わが国ではこれまでほとんど研究されることのなかった指導者イマームを中心に、その生誕と歴史をたどりながら、現今のシーア派を取り巻く思想的状況を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イスラームにおける宗教と政治-イスラームの学者(ウラマー)とは
  • 第2章 シーア派の歴史-サフィーヴィー朝の時代まで
  • 第3章 初代イマーム・アリー-完全なる人間の鑑
  • 第4章 三代目イマーム・ホセインとタァズィーエ-歴史の中のパトス
  • 第5章 四代目イマーム、ザイヌル・アーベディーン-イスラームのイラン化
  • 第6章 六代目イマーム、ジャファル・サーデク-シーア派のロゴス的側面
  • 第7章 八代目イマーム、アリー・レザーとその妹ファーテメ-聖都コムの事例を中心に
  • 第8章 十二代イマーム・マフディー-十二イマーム派シーア主義の完成
  • 第9章 イマーム論の現代的意義-現代シーア派思想家によるイマーム論
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シーア派イスラーム神話と歴史
著作者等 嶋本 隆光
書名ヨミ シーアハ イスラーム シンワ ト レキシ
シリーズ名 学術選書 23
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2007.4
ページ数 243p 図版1枚
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87698-823-5
NCID BA81446382
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21222814
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想