バール、コーヒー、イタリア人 : グローバル化もなんのその

島村菜津 著

バールとは何か?単にお酒を提供するカウンター形式の店でもないし、喫茶店とも少し違う。コーヒー(エスプレッソ)に軽食でも大丈夫なら、お酒におつまみでもかまわない。気軽に入れる立食中心の店で、時にケーキ屋やジェラート屋、タバコ屋、トトカルチョ屋、コンビニにも化ける。そんなバールが、人口五八〇〇万の国に、個人経営の店を中心に一五万五六〇九軒も存在する(二〇〇六年)。そして、イタリア人の九八パーセントがバールを利用し、外食費の三分の一をも投じている。イタリアの象徴、そして、スタバ化、マクドナルド化に抗う最後の砦としてのバールの魅力を、書き尽くす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イタリアのバールとは?
  • 第2章 バールをめぐる大疑問
  • 第3章 わがままな注文が、ファンタジーを育てる
  • 第4章 一杯飲み屋としてのバール
  • 第5章 みんな違って、みんないい、地方色の豊かさ
  • 第6章 イタリア人がコーヒーを手にするまで
  • 第7章 コーヒーをめぐるおもしろ名言集
  • 第8章 コーヒーの経済学
  • 第9章 イタリアのバールに学ぶ、グローバル時代の航海術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バール、コーヒー、イタリア人 : グローバル化もなんのその
著作者等 島村 菜津
書名ヨミ バール コーヒー イタリアジン : グローバルカ モ ナンノ ソノ
書名別名 Baru kohi itariajin
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2007.3
ページ数 234p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03396-5
NCID BA81419415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21212271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想