ものづくり経営学 : 製造業を超える生産思想

藤本隆宏, 東京大学21世紀COEものづくり経営研究センター 著

産業の構造変化、国際化に対応するものづくり戦略とはどういうものか?実践・研究の第一人者たちが、ものづくり学の可能性を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ものづくり経営学総論(統合型ものづくり戦略論
  • アーキテクチャのポジショニング戦略 ほか)
  • 第2部 ものづくり経営学各論(設計情報から見たものづくり
  • 階層的ものづくり競争力論-日本自動車産業はなぜ強いか ほか)
  • 第3部 非製造業のものづくり(サービス業に応用されるものづくり経営学
  • トヨタ生産方式の販売業への活用 ほか)
  • 第4部 アジアのものづくり(アジアものづくりの比較優位説
  • 韓国自動車ものづくりと組織能力 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ものづくり経営学 : 製造業を超える生産思想
著作者等 東京大学ものづくり経営研究センター
藤本 隆宏
東京大学21世紀COEものづくり経営研究センター
書名ヨミ モノズクリ ケイエイガク : セイゾウギョウ オ コエル セイサン シソウ
書名別名 Monozukuri keieigaku
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2007.3
ページ数 564p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03393-4
NCID BA8141911X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21212273
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想