安倍流「教育改革」で学校はどうなる

田中孝彦, 世取山洋介 編

教育基本法「改正」がもたらす公教育崩壊のシナリオ。安倍政権と財界がすすめる「教育改革」の危険性を、多彩な専門家による分析とわかりやすいQ&Aで解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 安倍流「教育改革」とは何か(安倍首相の「教育再生」論を読み解く-その源流と問題点
  • 「教育改革」の背景-「改革」を後押しする財界はなぜ教育基本法「改正」を必要としたのか)
  • 2 新自由主義教育改革の功罪を検証する(イギリスの教育改革-サッチャーの教育改革は日本の教育改革のモデルになるか
  • アメリカの教育改革-「一人の子どもも落ちこぼさない法」に基づく州統一テスト体制からの教訓 ほか)
  • 3 Q&A「教育改革」で学校はどう変わる?(「改革」で子どもの学力は向上するの?
  • 「ダメ教師」を辞めさせれば教育はよくなる? ほか)
  • 4 「改革」に対抗しうる教育の価値とは(子ども理解と教育条理の自覚
  • 日本国憲法-いまこそ発揮されるその規範価値 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安倍流「教育改革」で学校はどうなる
著作者等 世取山 洋介
勝野 正章
田中 孝彦
書名ヨミ アベリュウ キョウイク カイカク デ ガッコウ ワ ドウナル
出版元 大月書店
刊行年月 2007.3
ページ数 121, 5p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-272-41178-8
NCID BA81410341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21206502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想