血管保護の新戦略

丸山幸夫, 石橋敏幸 編

[目次]

  • 1 血管障害と動脈硬化の基礎と臨床(動脈硬化の成り立ち-「炎症・修復説」を中心に
  • 血管障害動物モデル ほか)
  • 2 血管障害の背景(脂質代謝
  • 炎症 ほか)
  • 3 冠危険因子と血管障害(高脂血症
  • 糖尿病 ほか)
  • 4 血管保護の立場からみた治療(ACE阻害薬・ARB
  • 高脂血症薬 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血管保護の新戦略
著作者等 丸山 幸夫
石橋 敏幸
書名ヨミ ケッカン ホゴ ノ シンセンリャク
書名別名 Kekkan hogo no shinsenryaku
出版元 ライフ・サイエンス
刊行年月 2007.3
ページ数 218p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-89801-249-9
NCID BA81402161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21203643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ACE阻害薬・ARB 南野徹, 小室一成, 清水逸平
AGE/RAGEの関わり 石橋 敏幸, 丸山 幸夫
Ca2+シグナルの関わり 石橋 敏幸, 丸山 幸夫
ET受容体拮抗薬 京谷晋吾, 小野文明
インスリン抵抗性 片山茂裕
カルシウム拮抗薬 北風政史, 浅沼博司
チアゾリジン系薬剤 倉林正彦
マクロファージ 相川眞範
メタボリックシンドローム 島本和明
レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の関わり 古賀純一郎, 江頭健輔
低分子量GTP結合蛋白質の関わり 多久和陽
冠危険因子と血管障害
凝固・線溶系の関わり 丸塚浩助, 浅田祐士郎
動脈硬化の成り立ち 中島豊, 居石克夫
単球・血管内皮細胞相互関係 石橋 敏幸, 丸山 幸夫
喫煙 山岸良匡, 磯博康
急性冠症候群の病態 上田真喜子, 仲川将志
急性冠症候群の臨床 丸吉秀朋, 小島淳, 小川久雄
慢性腎臓病(CKD) 渡辺毅
抗血小板薬 副島弘文, 小川久雄, 岸川秀樹
炎症 山下智也, 横山光宏
糖尿病 久保田直純, 代田浩之, 島田和典
脂質代謝 寺本民生
脳血管障害の治療戦略 内山真一郎
血管保護におけるhANPの可能性 吉村道博
血管保護の立場からみたDES時代のPCI 木島幹博
血管保護の立場からみた治療
血管内皮機能不全 下川宏明, 小丸達也
血管平滑筋細胞と血管障害 倉林正彦
血管障害と動脈硬化の基礎と臨床
血管障害の背景
血管障害動物モデル 伊藤隆, 塩見雅志
運動療法 後藤葉一
酸化ストレス 石川和信
食事療法 磯博康
高脂血症 馬渕宏
高脂血症薬 石橋 敏幸, 丸山 幸夫
高血圧 伊藤貞嘉, 竹内和久
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想