リスク社会を生き抜くコミュニケーション力

内田伸子, 坂元章 編著

災害、疾病、犯罪などから子どもを守るために。自分の置かれた状況を把握して対処したり、適切な人間関係を維持したり、相手を深く理解できる力を育成する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 子どもの育ちとコミュニケーション(子どもと大人のコミュニケーション-"語り手"と"聴き手"の協働による知の創発
  • 養育者と子どもの相互作用-乳児期の発達と養育者の役割
  • 保育室での大人と子どもの互恵的コミュニケーション-子どもが社会的ルールを理解するとき
  • 学校文化のコミュニケーション-一次的ことばから二次的ことばへ)
  • 第2部 リスク社会のコミュニケーション力(オンライン・コミュニケーション-誰が、何を、どのように伝えるか
  • メディア・リテラシー-新たなコミュニケーション能力の創生
  • 女性と男性の会話-会話は"性差別を再生産する装置"か?
  • 供述という会話の特質-予兆を見逃さない事情聴取
  • ヘルスリスク予防のためのコミュニケーション)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リスク社会を生き抜くコミュニケーション力
著作者等 内田 伸子
坂元 章
書名ヨミ リスク シャカイ オ イキヌク コミュニケーションリョク
シリーズ名 誕生から死までの人間発達科学 : お茶の水女子大学21世紀COEプログラム 第2巻
出版元 金子書房
刊行年月 2007.4
ページ数 196p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7608-9522-9
NCID BA81399431
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21223198
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想