日本ナショナリズムの解読

子安宣邦 著

本居宣長から橘樸まで日本を作る言説と日本が作る言説と子安思想史の方法的解読作業の新たな成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本の固有性と他者の痕跡-宣長における狂気と正気
  • 2 「日本語」の理念とその創出-宣長『古事記伝』の贈り物
  • 3 祭祀国家日本の理念とその成立-水戸学と危機の国家神学
  • 4 国体論の文明論的解体-福沢『文明論之概略』と国体論批判
  • 5 道徳主義的国家とその批判-福沢「智徳論」の解読
  • 6 「日本民族」概念のアルケオロジー-「民族」・「日本民族」概念の成立
  • 7 「民族国家」の倫理学的形成(その一)-和辻倫理学をめぐって・倫理(エシックス)から倫理へ
  • 8 「民族国家」の倫理学的形成(その二)-和辻倫理学をめぐって・昭和日本の倫理学
  • 9 哲学というナショナリズム-「種の論理」・国家のオントロジー
  • 10 東洋民族協和と「国体」の変革-橘樸「国体論序説」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本ナショナリズムの解読
著作者等 子安 宣邦
書名ヨミ ニホン ナショナリズム ノ カイドク
書名別名 Nihon nashonarizumu no kaidoku
出版元 白澤社 : 現代書館
刊行年月 2007.3
ページ数 229p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7684-7920-9
NCID BA81394493
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21207317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想