〈スピリチュアル〉はなぜ流行るのか

磯村健太郎 著

目に見えないなにかとつながる感覚-「スピリチュアル」。今なぜ人々の心をとらえるのか?宗教・心理・社会学の最新研究を盛りこみ、ブログや「江原現象」、『キッパリ!』や「千の風になって」などの身近なブームの深層に迫る。宗教の役割が希薄になった日本で、「癒されたい」「救われたい」「つながりたい」という声なき願に応えてくれる存在とは。現代の若者やコミュニケーション、メディアの実相も浮き彫りにする、「スピリチュアル」の本質がよくわかる画期的な入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「ジュピター」はなぜ人を癒すのか-スピリチュアル入門(現代の宗教的なるもの
  • 電子空間の「神々」)
  • 第2章 「千の風になって」はなぜヒットしたのか-「大きな物語」なき時代(米国発ニューエイジと日本の精神世界
  • 現代日本の「孤独と隣人」)
  • 第3章 「江原現象」をどう見たらよいのか-セラピー文化の諸相(こころを「分かち合う」
  • こころを「コントロール」 ほか)
  • 第4章 「ロハス」ブームはなぜ起きたのか-エコと平和のコスモロジー(「いのち」という系譜
  • ほどけ、むすばれるコミュニティ)
  • 第5章 「スピリチュアル」のゆくえ(「私」をめぐる「小さな物語」たち
  • 医療・看護に重なるスピリチュアルペイン ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈スピリチュアル〉はなぜ流行るのか
著作者等 磯村 健太郎
書名ヨミ スピリチュアル ワ ナゼ ハヤルノカ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2007.3
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-69036-0
NCID BA81393650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21208735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想