精神看護学

川野雅資 監修・編集

Chapter1でこれからの精神看護学について記述した。Chapter2では精神看護学で必要とする技術について詳細に述べた。Chapter3では精神看護学で必要としている判断の内容について、評価尺度などを紹介しながら記述した。Chapter4では疾患と看護、症状と看護について多くの状態像を取り上げた。最後のChapter5では精神医療での治療を紹介し、看護の役割についても述べた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 これからの精神看護学(21世紀の精神看護学
  • 精神看護の歴史 ほか)
  • 2 精神看護学の技術(人間関係論
  • 看護過程 ほか)
  • 3 看護学からみた判断(精神症状の評価
  • 社会適応能力の評価 ほか)
  • 4 状態像と看護(病気の段階と看護
  • 統合失調症と看護 ほか)
  • 5 治療と看護(薬物療法
  • 集団療法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神看護学
著作者等 川野 雅資
書名ヨミ セイシン カンゴガク
シリーズ名 Science of nursing
看護学実践
出版元 日本放射線技師会出版会
刊行年月 2007.3
ページ数 239p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86157-017-9
NCID BA81392523
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21281289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想