電産の興亡 : 一九四六年~一九五六年 : 電産型賃金と産業別組合

河西宏祐 著

日本の歴史上、最強の労働組合と謳われた電産は、なぜわずか一〇年で世を去ったのか。敗戦直後の坩堝のごとき騒乱の時代を先陣切って駆け抜け、「輝ける電産」と謳われた電産は、なぜ歴史上からその姿を消したのか。その問いが私たちを戦後動乱期・戦後復興期の一〇年間へと誘っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究課題
  • 第1章 「十二月協定」(一九四六年)
  • 第2章 電産の結成(一九四七年)
  • 第3章 地域人民闘争(一九四七年〜一九五〇年)
  • 第4章 「レッドパージ」(一九五〇年)
  • 第5章 電産五二年争議(一九五二年)
  • 第6章 電産崩壊(一九五六年)
  • 終章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電産の興亡 : 一九四六年~一九五六年 : 電産型賃金と産業別組合
著作者等 河西 宏祐
書名ヨミ デンサン ノ コウボウ : センキュウヒャク シジュウロクネン - センキュウヒャク ゴジュウロクネン : デンサンガタ チンギン ト サンギョウベツ クミアイ
書名別名 Densan no kobo
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2007.3
ページ数 461, 9p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-657-07204-7
NCID BA81377825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21221073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想