妹になってしまった私の母さん : 母と私の介護日記

高玉多美子 著 ; 鴨崎節子 日記

娘を姉と頼る母が綴った「日記」。そこからみえてくる認知症理解への手がかりと家族の在り方。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 母と歩んだ介護の道のり-私の介護体験記(母のこと、私のこと
  • アルツハイマーと診断される
  • 壊れゆく母 ほか)
  • 第2章 母の日記(平成一三年9月3日‐10月11日
  • 平成一四年6月3日・6月8日・7月29日・8月2日
  • 平成一六年10月3日)
  • 第3章 日記が書けなくなっても
  • 第4章 母の日記から認知症への理解を深める(「妹になってしまった私の母さん」に学ぶ認知症の介護
  • 認知症の理解と介護)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妹になってしまった私の母さん : 母と私の介護日記
著作者等 高玉 多美子
鴨崎 節子
書名ヨミ イモウト ニ ナッテシマッタ ワタクシ ノ カアサン : ハハ ト ワタクシ ノ カイゴ ニッキ
出版元 駒草
刊行年月 2007.3
ページ数 197p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-903186-28-3
NCID BA81333863
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21291378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想