サイエンスコミュニケーション : 科学を伝える5つの技法

千葉和義, 仲矢史雄, 真島秀行 編著

一般市民と研究者とをつなぐ双方向のコミュニケーション-サイエンス・コミュニケーション。そこで必須の技法を5つに凝縮。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 技法1 プレゼンテーション(科学コミュニケーターに必要とされるプレゼンテーション法
  • 効果的な「サイエンス・コミュニケーション」をめざして-伝えるための技術)
  • 技法2 サイエンス・ライティング(講義と講評
  • ストーリーの立て方・専門用語の取り回し)
  • 技法3 科学的探究能力育成スキル(科学的探究能力をどうやって育むか?
  • 理科好きの子どもたちを育成するためには)
  • 技法4 教材開発スキル
  • 技法5 外部資金導入スキル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サイエンスコミュニケーション : 科学を伝える5つの技法
著作者等 仲矢 史雄
千葉 和義
真島 秀行
書名ヨミ サイエンス コミュニケーション : カガク オ ツタエル 5ツ ノ ギホウ
書名別名 Science communication

Saiensu komyunikeshon
出版元 日本評論社
刊行年月 2007.3
ページ数 237p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-78473-4
NCID BA81329378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21213073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想