地域福祉の発展と構造

稲葉一洋 著

本書では、わが国の発展を遂げてきた地域福祉を、時系列のなかで捉え返し、その発想や枠組み、現状や課題に構造的に迫っている。前半の1・2部が地域福祉の総論的な部分、後半の3部・4部が地域福祉の各論ともいうべき部分で、各章ともに地域福祉の推進と実践に深くかかわる必須のテーマである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 地域福祉とコミュニティ(「地域福祉」時代の到来
  • 住民生活の変貌とコミュニティ)
  • 第2部 地域福祉の展開と構成(わが国地域福祉への途
  • 地域福祉時代の福祉展開 ほか)
  • 第3部 地域・住民による福祉形成(地域福祉の主体と福祉教育
  • 住民による地域福祉活動 ほか)
  • 第4部 社協・地域ケア・計画(社会福祉協議会の沿革と使命
  • 地域ケアシステムの視点と方法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域福祉の発展と構造
著作者等 稲葉 一洋
書名ヨミ チイキ フクシ ノ ハッテン ト コウゾウ
書名別名 Chiiki fukushi no hatten to kozo
出版元 学文社
刊行年月 2007.2
ページ数 249p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7620-1624-0
NCID BA81318429
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21207955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想