立地戦略と空間的分業 : エレクトロニクス企業の地理学

近藤章夫 著

本書は「立地」をキーワードとして、日本国内における製造企業の工場立地とサプライヤーとの取引連関の発展を、地理的かつ史的に記述したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 序章
  • 2 企業地理学の再考-課題と展望
  • 3 立地戦略と空間的分業論
  • 4 松下電器グループにおける立地戦略と空間的分業
  • 5 購買戦略とサプライヤーの立地-「下請制」の展開
  • 6 中核地域と域内リンケージ-守口・門真地区の発展
  • 7 事業部門の工場間分業と域内リンケージ-テレビ事業部門の事例
  • 8 終章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 立地戦略と空間的分業 : エレクトロニクス企業の地理学
著作者等 近藤 章夫
書名ヨミ リッチ センリャク ト クウカンテキ ブンギョウ : エレクトロニクス キギョウ ノ チリガク
書名別名 Ricchi senryaku to kukanteki bungyo
出版元 古今書院
刊行年月 2007.2
ページ数 183p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7722-9001-2
NCID BA81304162
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21213936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想