古事記のひみつ : 歴史書の成立

三浦佑之 著

ヤマトタケルは、なぜ古事記と日本書紀で全く別人のように描かれているのか。「日本書」をキーワードに、古代の歴史書=古事記・日本書紀・風土記の成立に隠された秘密に迫り、独自の視点から古代神話をわかり易く読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「日本書」の構想(史書と法-歴史を占有する国家
  • 天武朝における法と歴史
  • 「日本書 志」としての風土記
  • 「日本書 伝」の構想)
  • 日本書紀の方法-国家を叙述する(日本書紀の神話叙述
  • 天皇像と皇太子像の構想
  • 管理される歴史)
  • 古事記の成立-七世紀の本文と九世紀の「序」(古事記偽書説について
  • 古事記「序」という存在
  • 古事記とはいかなる書物か
  • 偽造された古事記「序」)
  • 古事記の古層性(比喩の古層性
  • 天津麻羅の象徴性
  • 古事記系譜の古層性)
  • 倭武天皇-常陸国風土記と中央の歴史(倭武天皇という呼称
  • タチバナと倭武天皇
  • いくつもの倭武天皇)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古事記のひみつ : 歴史書の成立
著作者等 三浦 佑之
書名ヨミ コジキ ノ ヒミツ : レキシショ ノ セイリツ
シリーズ名 古事記 229
歴史文化ライブラリー 229
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.4
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05629-8
NCID BA8128176X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21213689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想