ナチス前夜における「抵抗」の歴史

星乃治彦 著

ナチス政権成立前夜のヴァイマル共和国時代のドイツ。はたしてナチス政権を阻止する可能性はなかったのだろうか。ナチスに対抗する有力な勢力として、選挙では一貫して得票率40%を保持しながらも、社会民主党と共産党に分裂していた労働者の統一戦線は夢だったのだろうか。労働者のグラスルーツ運動は断続的に展開され、ナチスのテロルに対抗しながら、共産党の路線転換をも促していく。その頂点が1932年春の「反ファッショ行動(アンティファ)」であった。東ドイツ時代から蒐集された文書館史料を縦横に駆使しながら、ナチスに惜しくも敗れた抵抗の歴史をダイナミックに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 抵抗する実像を求めて
  • 第1章 ヴァイマル共和制末期の労働者たちをめぐる状況
  • 第2章 「人民革命」構想(一九三〇年冬)
  • 第3章 「ローカル」のポテンシャル(一九三一年春)
  • 第4章 理論転換の前触れ(一九三一年春〜秋)
  • 第5章 「モスクワ」と国内世論の狭間の共産党(一九三一年夏)
  • 第6章 ドイツ共産党の「苦悩」(一九三一年秋)
  • 第7章 ドイツ共産党内対立の実相(一九三二年春)
  • 第8章 反ファシズムのポテンシャル(一九三二年夏)
  • 第9章 「共産主義の危険」とナチ政権の誕生(一九三二年秋)
  • 終章 書き換えられる抵抗の歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナチス前夜における「抵抗」の歴史
著作者等 星乃 治彦
書名ヨミ ナチス ゼンヤ ニ オケル テイコウ ノ レキシ
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 74
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2007.3
ページ数 262, 20p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-04861-8
NCID BA81278233
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21216504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想