中南米

山本紀夫 責任編集

イタリアのトマトもドイツのジャガイモも韓国のトウガラシももとをただせば中南米産。では知っていますか?現地ではそれをどのようにして食べてきたかを。先住民インディオ、ヨーロッパからの征服者、アフリカ人奴隷、世界中からの移民が織りなす深くて濃い味わい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 トウモロコシ・ジャガイモ・マニオク-三つの主食(食文化の始まり
  • 主食の誕生 ほか)
  • 第2章 コロンブス以前と以後の食文化(コロンブス以前の食文化
  • 植民地時代の食文化)
  • 第3章 中南米各地の食文化(メキシコ
  • グアテマラ ほか)
  • 第4章 中南米各地の酒(蒸留酒以前
  • エクアドル・アマゾンの口噛み酒 ほか)
  • 第5章 ブラジル日系人家庭の食生活-戦前の農村部を中心に(ブラジル向け日本人移民の概観
  • 日本人移民の食生活を支えたアグーリャ米 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中南米
著作者等 山本 紀夫
書名ヨミ チュウナンベイ
書名別名 Chunanbei
シリーズ名 世界の食文化 / 石毛直道 監修 ; 大塚滋, 樺山紘一, 川北稔, 熊倉功夫, 本間千枝子, 南直人 編 13
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2007.3
ページ数 291p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-540-07001-3
NCID BA8127803X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21216338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想