桜と日本文化

小川和佑 著

古代の「記紀万葉」から中世の和歌・能・狂言、江戸の俳諧・歌舞伎、明治の唱歌、現代の城山三郎の小説まで。二十数年にわたる「桜文化論」の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代歌謡から桜絵巻へ(古代歌謡の桜
  • 桜盃に浮かぶ桜 ほか)
  • 第2章 散り急ぐ近代の桜ソメイヨシノ(里桜ソメイヨシノ
  • ドイツ人ベルツの見た花見風景 ほか)
  • 第3章 桜物語のための四重奏(南殿の八重桜
  • 銀座に桜並木があった ほか)
  • 第4章 花と刀の日本文化(後鳥羽院の美学-清明美への憧れ
  • 天平の花・天平の大刀 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桜と日本文化
著作者等 小川 和佑
書名ヨミ サクラ ト ニホン ブンカ : セイメイビ カラ サンゲ ノ ハナ エ
書名別名 清明美から散華の花へ
出版元 アーツアンドクラフツ
刊行年月 2007.3
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-901592-38-3
NCID BA8127587X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21205638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想