宗教を理解すること

宗教社会学の会 編

[目次]

  • 第1章 日本社会における宗教動向とキリスト教伝道の可能性-宗教忌避傾向と「思考の枠組み」から
  • 第2章 フィールドワークの実践-水子供養調査を調して
  • 第3章 民族と教会-在日大韓基督教会の事例
  • 第4章 物語としての宗教-計量テキスト分析と物語論的ライフヒストリー論を用いて
  • 第5章 民衆宗教運動の再発見-歴史資料からのアプローチ
  • 第6章 天理教における講の結成-生活のなかでの儀礼と奉仕
  • 第7章 量的データを用いた宗教理解の可能性
  • 第8章 日本のキリスト教信者を理解する-計量的手法を用いて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教を理解すること
著作者等 宗教社会学の会
書名ヨミ シュウキョウ オ リカイスル コト
書名別名 Shukyo o rikaisuru koto
出版元 創元社
刊行年月 2007.4
ページ数 250p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-422-14025-4
NCID BA81245289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21268977
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想