嵯峨野みち

瀬戸内寂聴 著

桜の美しさに惹かれての嵯峨野散策、小倉山にかかる月を仰ぎながら聞く虫の声、遠い山も近い山も日ごとに濃くなりまさる紅葉、雪に滲みて影絵のような曼荼羅山の清明な姿、嵯峨野の四季には、それぞれの風情がある。また、観光客から離れて、細道へて辿ってゆくと、思いがけなく野の仏が佇んでいたりする。旅のなつかしさに出会える珠玉のエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 嵯峨野讃歌
  • 雪大文字
  • あたご千日詣り
  • 貴船菊
  • 花まつり
  • 古都旅情

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 嵯峨野みち
著作者等 瀬戸内 寂聴
書名ヨミ サガノミチ
シリーズ名 瀬戸内寂聴紀行文集 / 瀬戸内寂聴 著 2
平凡社ライブラリー 2
出版元 平凡社
刊行年月 2007.3
ページ数 305p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76606-6
NCID BA81237349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21221797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想