お坊さんが困る仏教の話

村井幸三 著

釈迦仏教は葬儀と無関係。大乗仏教は釈迦仏教にあらず。各種の儀礼は道教と儒教からの拝借。お経は葬儀用に書かれたものではない。中国で創作されたお経も少なくない。往生と成仏は異なる。死後戒名は江戸幕府の押し付け。永代供養は「永代」ではない。仏教界にも「勝ち組」と「負け組」がある。…お寺やお坊さんにとって都合の悪い話にも遠慮なく触れ、仏教の基本と歴史をわかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人は死んでどうなるの(そもそも「戒」とは
  • 従来の死生観が通用しなくなってきた ほか)
  • 第2章 仏教がやって来た(祖霊まします我が山河
  • 宗教心の源にあるもの ほか)
  • 第3章 大乗仏教は釈迦仏教にあらず(「悟り」から「慈悲」へ
  • 仏教と葬儀は無関係だった ほか)
  • 第4章 あの世という世界(浄土教と西方浄土
  • 往生と成仏はどう違うのか ほか)
  • 第5章 葬式仏教に徹すべし(江戸幕府の寺請制度
  • 戒名はこうして作る ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お坊さんが困る仏教の話
著作者等 村井 幸三
書名ヨミ オボウサン ガ コマル ブッキョウ ノ ハナシ
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2007.3
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610208-0
NCID BA81232811
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21210808
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想