なぜイノシシは増え、コウノトリは減ったのか

平田剛士 著

ダム建設ですみかを奪われるイトウ、コウノトリの野生化への試み、頻発するツキノワグマとの遭遇、増え過ぎたイノシシやエゾシカによる被害、外来種アライグマやセイヨウオオマルハナバチが引き起こす生態系の撹乱等々、日本列島では野生動物をめぐる多様で複雑な問題が生じている。絶滅危惧種など、動物との共存のために苦闘する人々の姿と解決策を各地に追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ダムに風穴を開けろ!
  • 第2章 田園に舞え、コウノトリよ
  • 第3章 ぼくらツキノワグマ予報官
  • 第4章 飛ぶ鳥を落とす風車
  • 第5章 キューダイ方式が里山を救う?
  • 第6章 西洋大円花蜂、知床半島に接近す
  • 第7章 アライグマ鎮魂歌
  • 第8章 野生動物とサスティナブルなおつきあい

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜイノシシは増え、コウノトリは減ったのか
著作者等 平田 剛士
書名ヨミ ナゼ イノシシ ワ フエ コウノトリ ワ ヘッタノカ
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2007.3
ページ数 197p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85365-0
NCID BA81226615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21229410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想