アメリカの政治と科学

マイケル・ガフ 編著 ; 菅原努 監訳

これまで地球温暖化対策に否定的であったブッシュ政権が、中間選挙での敗北によっていよいよ舵を切った。それは、「政治的判断」によって「科学的事実」が大きく左右されることの証でもある。「科学者」もまた「政治的」であることからは逃れられないことは、本書の存在そのものが物語っている。日本人はこの現実をどううけとめるべきか。われわれはすでに傍観者ではない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 科学の危険な政治化
  • 第2章 科学技術に対する政治的規制が生む腐敗
  • 第3章 科学と公共政策
  • 第4章 内分泌かく乱物質
  • 第5章 がん予防と環境化学物質の混乱
  • 第6章 原子力
  • 第7章 科学かそれとも政治的科学か?-気候の多様化と変動の影響の可能性に対する米国としての評価を考える
  • 第8章 エージェント・オレンジとダイオキシンの政治化された科学
  • 第9章 スウェーデンの化学物質規制における科学と政治
  • 第10章 事前警戒原則はいかに病死者を増やしたか-DDTの使用禁止とマラリアの復活
  • 第11章 レヴェル博士とゴア元副大統領の場合-科学に対する政治的抑圧の企て

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカの政治と科学
著作者等 Gough, Michael
菅原 努
ガフ マイケル
書名ヨミ アメリカ ノ セイジ ト カガク : ユガメラレル シンジツ
書名別名 Politicizing science

ゆがめられる「真実」

Amerika no seiji to kagaku
出版元 昭和堂
刊行年月 2007.3
ページ数 301, 18p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8122-0709-3
NCID BA81225022
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21213536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
がん予防と環境化学物質の混乱 ブルース・エイムズ, ルイス・スワースキー・ゴールド, 児玉靖司
エージェント・オレンジとダイオキシンの政治化された科学 マイケル・ガフ, 三枝新
スウェーデンの化学物質規制における科学と政治 ロバート・ニルソン, 吉田脩平
レヴェル博士とゴア元副大統領の場合 S.フレッド・シンガー, 吉田脩平
事前警戒原則はいかに病死者を増やしたか ロジャー・ベイト, 衣笠達也
内分泌かく乱物質 ステファン・セイフ, 三枝新
原子力 バーナード・L.コーエン, 西原英晃
科学かそれとも政治的科学か? パトリック・J.マイケルス, 藤波直人
科学と公共政策 ジョセフ・P.マルティーノ, 菅原 努
科学の危険な政治化 ウィリアム・ハッパー, 法村俊之
科学技術に対する政治的規制が生む腐敗 ヘンリー・I.ミラー, 福本学
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想