病気を起こす遺伝子

フィリップ・R.レイリー 著 ; 高野利也 訳

ある病気の患者の家族が、同じ病気を発症するリスクを知ることが可能になりつつある。本書は、家族に患者がいる人に、その情報を提供する。小児精神医学の専門医が、かつ臨床遺伝医の第一人者である著者フィリップ・レイリー博士は、過去30年、医師ばかりでなく、一般の人をも対象に、病気と遺伝子をテーマに数多くの講演を行ってきた。そして講演の都度、「姉が多発性硬化症ですが、私が同じ病気を発病するリスクは高いのでしょうか」といった質問をたくさん受けてきた。その経験をもとに、100近くの代表的な病気や障害の遺伝的要因について、どこまでわかっているのか、どこがわからないのか、そして発病するリスクがある場合、どう対処したらよいかについて、専門用語を使わず平易に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 妊娠期(不妊症
  • 子宮内膜症 ほか)
  • 第2部 乳児期(先天性の奇形(出生時の異常)
  • 新生児の遺伝病スクリーニング ほか)
  • 第3部 少年期(脳性麻痺
  • 知的障害(精神遅滞) ほか)
  • 第4部 成人期(心臓と循環器の病気
  • 肺の病気 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病気を起こす遺伝子
著作者等 Reilly, Philip
高野 利也
Reilly Philip R.
レイリー フィリップ・R.
書名ヨミ ビョウキ オ オコス イデンシ
書名別名 Is it in your genes?
出版元 東京化学同人
刊行年月 2007.2
ページ数 386, 16p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8079-0623-9
NCID BA8121368X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21198587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想