がん緩和ケア最前線

坂井かをり 著

いまや二人に一人が、がんになる時代。だが、日本では「緩和ケア」が大きく誤解されてきた。治療の断念後、終末期にせめて痛みの除去を、ではないのだ。最新の薬剤・技術を用い、早期から治療と並行してさまざまな苦痛の除去を実施する医療-その最先端を行く癌研有明病院(東京)の実情を描き、満足度の高いがん医療のあり方を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 緩和ケアとは
  • 第2章 緩和ケア病棟の日常
  • 第3章 がんの痛みをとる
  • 第4章 早期からの緩和ケア
  • 第5章 進化する緩和ケアの技術
  • 第6章 抗がん剤治療から緩和ケアへ
  • 第7章 安心して自宅に戻れる緩和ケア
  • 第8章 緩和ケアの今後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 がん緩和ケア最前線
著作者等 坂井 かをり
書名ヨミ ガン カンワ ケア サイゼンセン
書名別名 Gan kanwa kea saizensen
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.3
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431067-9
NCID BA81205240
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21220259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想