リヴァイアサン号殺人事件 : ファンドーリンの捜査ファイル

ボリス・アクーニン 著 ; 沼野恭子 訳

一九世紀末パリ、大富豪が怪死をとげた。唯一の手がかりである「金のクジラのバッジ」が指すのは、イギリスからインドへ向かう豪華客船リヴァイアサン号。見え隠れする「消えた秘宝」の謎と、それぞれいわくありげな乗客たち。-このなかに犯人がいる。日本赴任の途上に船に乗りあわせたロシアの若き外交官ファンドーリンが、快刀乱麻の推理で事件に挑む。ロシアの"悪人"が生んだ推理活劇シリーズ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リヴァイアサン号殺人事件 : ファンドーリンの捜査ファイル
著作者等 Akunin, Boris
沼野 恭子
アクーニン ボリス
書名ヨミ リヴァイアサンゴウ サツジン ジケン : ファンドーリン ノ ソウサ ファイル
書名別名 Leviafan.

Левиафан

Rivaiasango satsujin jiken
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.2
ページ数 319p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-024634-7
NCID BA81175208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21205356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想