古代豪族

青木和夫 著

財産の世襲が、全国各地に豪族を生んだ。弥生時代に誕生した豪族は、律令国家誕生でその性格を大きく変える。反朝廷と親朝廷。地方と都。さまざまな貌の豪族たち。役所と警察と裁判所と税務署をかねた郡司の生活とはいかなるものだったか。藤原氏などの有力豪族はいかにして隆盛したのか。飛鳥時代から最後の豪族・将門の平安中期まで、初期国家に蠢いた有力者たちの実像を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 古代豪族とは
  • 第1章 激動の時代
  • 第2章 国造から郡司へ
  • 第3章 郡司の館
  • 第4章 地方豪族の諸相
  • 第5章 時代と人物
  • 第6章 時代の転換
  • 第7章 受領と土豪
  • 第8章 古代豪族の最後
  • おわりに ふたたび古代豪族とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代豪族
著作者等 青木 和夫
書名ヨミ コダイ ゴウゾク
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2007.3
ページ数 413p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-159811-9
NCID BA81145808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21213033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想