ギュスターヴ・モロー : 「自作を語る画文集」夢を集める人

ギュスターヴ・モロー 画・文 ; 藤田尊潮 訳編

19世紀後半のパリ。印象派が台頭する衝撃のなかにあって神話や聖書に題材をとった独自の世界を創造し、世紀末の文学者らを熱狂させたギュスターヴ・モロー。彼が遺した生前未発表の手記を初めてまとめて日本語で紹介。自作解説や芸術観などを吐露した画家の言葉とそこで言及される作品を中心に集成した「オリジナル画文集」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1850‐1863-独自のスタイルを求めて
  • 1864‐1875-サロンでの成功
  • 1876‐1883-サロメの画家
  • 1884‐1898-最愛の母と恋人の死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギュスターヴ・モロー : 「自作を語る画文集」夢を集める人
著作者等 Moreau, Gustave
藤田 尊潮
モロー ギュスターヴ
書名ヨミ ギュスターヴ モロー : ジサク オ カタル ガブンシュウ ユメ オ アツメル ヒト
書名別名 Gustave Moreau
出版元 八坂書房
刊行年月 2007.2
ページ数 142p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89694-886-8
NCID BA81138868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21220357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想