二〇世紀女性文学を学ぶ人のために

児玉実英, 杉野徹, 安森敏隆 編

戦争の時代と称される20世紀に、日本をはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカにおいて封建的束縛からの解放や政治・経済的な自立、男性との共生などを模索した女性作家たち。その文学的営為についての世界的な潮流を俯瞰する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 二〇世紀女性文学の見どころ(長編大河小説の伝統と大家族の分裂
  • 子どもへのまなざしと大人への目配り ほか)
  • 2 世界の動き-女性作家たちをめぐって(ヨーロッパにおける女性の目覚めと自立への戦い
  • 日本女性作家たちの外国との関わり-一九六〇年代の大庭、有吉、そして倉橋を中心に ほか)
  • 3 二〇世紀女性文学の新視角(二〇世紀に見る女歌の系譜-『みだれ髪』から『サラダ記念日』へ
  • 少女マンガとフェミニズム-一九七〇年代、黄金時代の一断面 ほか)
  • 4 二〇世紀女性文学への案内(与謝野晶子『みだれ髪』
  • ベアトリクス・ポター『ピーターラビットのおはなし』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二〇世紀女性文学を学ぶ人のために
著作者等 児玉 実英
安森 敏隆
杉野 徹
書名ヨミ ニジッセイキ ジョセイ ブンガク オ マナブ ヒト ノ タメニ
書名別名 Nijisseiki josei bungaku o manabu hito no tameni
出版元 世界思想社
刊行年月 2007.3
ページ数 322, 22p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1240-4
NCID BA81121082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21212257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想