数学的センス

野崎昭弘 著

「美しい数学とは、つまり詩なのです」いまから数学者になるつもりはないけれど、そんなふうに数学の美しさを楽しめたら…。しかし、わかりきったようなことを論証するのはなぜだろう。わからないとき、数学者はどうしているのだろう。わかったときの喜びってどんなものだろう。見えてないものをどうしてまるで実際にあるように扱えるのだろう。なぜ…。数学の美しさ、愉しみ方、考え方などを、具体的な事例を使い、ユーモアのある語り口で、ていねいに語りほぐします。コンプレックスを軽くしてくれる、心やさしい数学再入門エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 命名のセンス
  • 判断のセンス
  • 分析のセンス
  • 集中のセンス
  • 「わからない」ということ
  • 「わかりやすい」ということ
  • 言語のセンス
  • 空間のセンス
  • 美的センス
  • 知的センス
  • 公理について
  • 構造について
  • 「無限」のセンス
  • 論証のセンス
  • 「遊び」のセンス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学的センス
著作者等 野崎 昭弘
書名ヨミ スウガクテキ センス
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.3
ページ数 250p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09056-0
NCID BA81120895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21219584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想