正当化の理論

リュック・ボルタンスキー, ローラン・テヴノー 著 ; 三浦直希 訳

他者との共存はいかにして可能か?人々を不和から合意へと至らせる「正当化」の道筋をたどり、個と、個を超越する原理との間に切り結ばれる共通の「偉大さ」という価値を尺度に「市民体モデル」を構築し、人間科学における倫理の復権を唱える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • われわれはいかにしてこの本を書いたか
  • 第1部 正当化の命令法
  • 第2部 市民体
  • 第3部 共通世界
  • 第4部 批判
  • 第5部 批判の鎮静化
  • 反省の語用論へ向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正当化の理論
著作者等 Boltanski, Luc
Thévenot, Laurent
三浦 直希
Th'evenot Laurent
テヴノー ローラン
ボルタンスキー リュック
書名ヨミ セイトウカ ノ リロン : イダイサ ノ エコノミー
書名別名 De la justification

偉大さのエコノミー

Seitoka no riron
出版元 新曜社
刊行年月 2007.2
ページ数 498p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7885-1032-6
NCID BA81120578
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21204956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想