ヨーロッパ意識群島

アレクシス・フィロネンコ [著] ; 大出敦, 大庭克夫, 川那部保明, 栗原仁, 清水まさ志, 西原英人, 藤井陽子 訳

「下等人間」の発想、アルジェリア戦争、強制収容所、精神のペスト、戦争犯罪と飢餓の問題など「ヨーロッパ意識」の成立に決定的な痕跡をあたえた諸事象を特異な視点から自己批判的に提示し、多様な意識の島々の風景を明確に映し出す。形而上学的ヨーロッパ論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 記憶
  • 2 黙示録の馬(白き馬-ヨーロッパの最後の兵士たち
  • 青ざめた馬-精神のペスト
  • 火の馬-殺人者たち
  • 黒い馬-飢餓)
  • 3 忘れられた世界(海
  • 大地)
  • 4 意識と現実(より速く、より高く、より強く-再創造された神話
  • 世界の精髄
  • 哲学)
  • 進歩についての対話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ意識群島
著作者等 Philonenko, Alexis
大出 敦
大庭 克夫
川那部 保明
フィロネンコ アレクシス
書名ヨミ ヨーロッパ イシキ グントウ
書名別名 L'archipel de la conscience Europeenne
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 863
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2007.3
ページ数 357, 23p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00863-4
NCID BA81119659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21242481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想