清代モンゴル盟旗制度の研究

岡洋樹 著

[目次]

  • 清初のザサグについて
  • ハルハ・八ザサグの設置について
  • ハルハ副将軍について
  • 清代ハルハ・モンゴル・ザサグ旗におけるオトグ・バグ
  • 清代モンゴル・ザサグ旗官制について-外モンゴル・セツェン・ハン部中末旗を事例として
  • アルバ分配档冊からみた清代ハルハ・モンゴルの社会構造
  • 清代ハルハ・モンゴルにおけるタイジと随丁-ハルハ東路セツェン・ハン部中末旗を事例として
  • モンゴル人民政府の地方行政制度改革と旧ザサグ旗社会
  • モンゴルにおける地方社会の伝統的構成単位オトグ・バグについて-モンゴル国ヘンティ・アイマグ、ガルシャル・ソム調査報告
  • チンギス・ハーン祭祀と清代のモンゴル諸部
  • 内ハルハ・バヨド・オトグンの系譜について
  • 東北アジア地域史と清朝の帝国統治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 清代モンゴル盟旗制度の研究
著作者等 岡 洋樹
書名ヨミ シンダイ モンゴル メイキ セイド ノ ケンキュウ
書名別名 Shindai mongoru meiki seido no kenkyu
出版元 東方書店
刊行年月 2007.2
ページ数 295p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-497-20701-2
NCID BA81091786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21211328
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想