新左翼の遺産 : ニューレフトからポストモダンへ

大嶽秀夫 著

ブント、60年安保闘争、清水幾太郎と谷川雁。第二次世界大戦後の先進国の豊かな社会の誕生とあいまって新左翼が登場する。その意味するものは何か。ポストモダンにつながる近代主義批判の思想と運動を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本政治におけるポストモダン的思想潮流の登場
  • 第1章 新左翼運動の誕生から「ポストモダン型」社会運動へ
  • 第2章 日本における新左翼運動の誕生
  • 第3章 安保闘争における新左翼と既成左翼
  • 第4章 安保闘争の中のブントと市民運動
  • 第5章 ブントの遺産
  • 第6章 新左翼思想家としての清水幾太郎
  • 第7章 ポストモダン思想家としての谷川雁
  • 第8章 イギリスとフランスにおける新左翼
  • 結章 国際比較と国際的影響からみた日本の新左翼

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新左翼の遺産 : ニューレフトからポストモダンへ
著作者等 大岳 秀夫
書名ヨミ シンサヨク ノ イサン : ニュー レフト カラ ポストモダン エ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2007.3
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-13-030143-5
NCID BA81090273
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21219783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想