はじめてみよう言語学

佐久間淳一 著

言語学の本というと、「難しそう」「言ってることがわからない」「知らない外国語を出されて読む気にならない」などと、とっつきにくいイメージを持ちがちです。そんな、言葉に関心はあるけど、言語学の本は難しすぎると思っている方にこそお勧めしたいのが本書。言葉をめぐる先生と生徒の会話を読むだけで、知らず知らずのうちに言語学の面白さを体感できます。読みやすくわかりやすいのに、言語学のことがどんどん頭に入る、ありそうでなかった待望の入門書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本語は世界でいちばん難しい?
  • 言葉の変化は止めれない
  • 漢字なんでいらない?
  • 布団をひきますか?
  • マジで?
  • はっきり言えよ、みたいな
  • 自分、神戸やろ?
  • 人間の証明
  • 今何時?
  • 英語が一番?
  • 日本語ひとりぼっち
  • 名は体を表す
  • 焼ねぎかねぎ焼きか
  • ひどくきれいね
  • 言葉のひみつ
  • 読書ガイド

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめてみよう言語学
著作者等 佐久間 淳一
書名ヨミ ハジメテミヨウ ゲンゴガク
書名別名 Hajimetemiyo gengogaku
出版元 研究社
刊行年月 2007.3
ページ数 213p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-327-37699-4
NCID BA8107535X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21289832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想