すぐわかる画家別印象派絵画の見かた

島田紀夫 監修

本書は、テーマ・技法・グループ展への参加という観点から、印象派を理解するのに欠かせない画家18人を主人公とし、ひとりひとりの個性と魅力にスポットを当てた、新しい入門書です。彼らの日常生活へのまなざし、色彩やタッチの大胆さ、光の描き方についてわかりやすく説明します。印象派の美術運動の舞台裏として、19世紀後半のフランス社会がどのような状況にあったのか、さまざまな角度から切り込み、印象派とは何かを探ります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 印象派を生み出した画家とその周辺(エドゥアール・マネ-印象派展に一度も参加しなかった、革新的な伝統主義者
  • フレデリック・バジール-友人たちを経済的に支えて、印象派誕生前に戦死した画家
  • カミーユ・ピサロ-八回の印象派展すべてに参加した印象派の父親のような存在
  • エドガー・ドガ-都市生活者の一瞬の動きをさまざまな技法で追求した挑戦者
  • アルフレッド・シスレー-自然を愛して、典型的な印象派であり続けた風景画家 ほか)
  • 2 印象派をさらに飛躍させた画家たち(ポール・ゴーガン-印象派の画家として出発し、次の世代を担った色彩画家
  • オディロン・ルドン-最後の印象派展に参加した遅れてきた新人で、のちの象徴主義の画家
  • ジョルジュ・スーラ-点描技法を確立し、志なかばで夭折した新印象派の画家
  • ポール・セザンヌ-南フランスを主な制作の場として、自然の本質を探究し続けた画家
  • ヴィンセント・ファン・ゴッホ-印象派と浮世絵の技法を取り入れ、独特の色彩を生み出した孤高の画家 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すぐわかる画家別印象派絵画の見かた
著作者等 六人部 昭典
坂上 桂子
島田 紀夫
新畑 泰秀
賀川 恭子
書名ヨミ スグ ワカル ガカベツ インショウハ カイガ ノ ミカタ
出版元 東京美術
刊行年月 2007.1
ページ数 143p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8087-0811-5
NCID BA81051511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21176931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想