変量効果の推定とBLUP法

佐々木義之 編著

Best(最良)Linear(線形)Unbiased(不偏)Prediction(予測量)。育種の計画、医学・疫学調査などに最適な統計手法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 予備編(変量効果の推定)
  • 基礎編(BLUP法の歴史
  • BLUP法の原理と特性
  • 種々のモデルのBLUP法
  • 分散共分散の推定
  • 計算手順とコンピュータプログラム
  • データの構築と変量効果推定の実際)
  • 展開編(DNAマーカー情報を利用したBLUP法
  • BLUP法による多形質選抜の実際
  • BLUP選抜と集団の有効な大きさ)
  • 応用編(応用事例)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変量効果の推定とBLUP法
著作者等 佐々木 義之
書名ヨミ ヘンリョウ コウカ ノ スイテイ ト BLUPホウ
書名別名 Henryo koka no suitei to BLUPho
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2007.2
ページ数 426p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-87698-702-3
NCID BA81037543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21205148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想