悪党が行く : ピカレスク文学を読む

鹿島茂 著

傲慢で、女たらしで、人を騙すことなど何とも思わない男たち-悪党。彼らはなぜこんなにも人々を魅了し、人はそれを文学に表現するのだろうか?バルザックが『ペール・ゴリオ』『幻滅』『娼婦の栄光と悲惨』の三部作で生み出したヴォートラン、モリエールが描いたスペインの伝説的女たらしドン・ジュアンなど、数々のピカレスク文学に登場する悪のヒーローに肉迫。「悪と悪党」の魅力を解き明かす、画期的文学案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヴォートラン
  • ドン・ジュアン
  • ラーサロ
  • フランシヨン
  • ジル・ブラース
  • ヴァルモン
  • ラモーの甥
  • トム・ジョーンズ
  • ヴォートラン再び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪党が行く : ピカレスク文学を読む
著作者等 鹿島 茂
書名ヨミ ピカロ ガ ユク : ピカレスク ブンガク オ ヨム
書名別名 Pikaro ga yuku
シリーズ名 角川選書 405
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2007.2
ページ数 283p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703405-1
NCID BA80986577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21204394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想