武家奉公人と労働社会

森下徹 著

身分によって成り立つ近世社会には、家や集団から疎外された人たちもたくさんいた。そのなかに労働力販売で日々の糧を得る者があった。かれらには自身の肉体以外に共同で守るべき所有対象はないし、その労働もだれにでも代替できるものだった。社会の構成原理からは異質な存在ではあったが、それでも当時の社会はかれらの労働を必要とし、むしろそれに依存するものともいえた。その最たるものが武士がかかえた武家奉公人なのである。そのあり方をとおして、近世における労働社会のありようにいささかなりとも迫ってみたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 身分社会と奉公人
  • 1 武士の役
  • 2 奉公人の調達
  • 3 萩城下の成り立ち
  • 4 周縁部の宿
  • 5 奉公人の結びつき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武家奉公人と労働社会
著作者等 森下 徹
書名ヨミ ブケ ホウコウニン ト ロウドウ シャカイ
書名別名 Buke hokonin to rodo shakai
シリーズ名 日本史リブレット 45
出版元 山川出版社
刊行年月 2007.2
ページ数 101p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-54450-5
NCID BA80962535
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21205691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想