森里海連環学 : 森から海までの統合的管理を目指して

京都大学フィールド科学教育研究センター 編 ; 山下洋 監修

森を扱うのは森林学、海を扱うのは海洋学、川を扱うのは河川工学…。細分化された枠組が、環境のトータルな理解を妨げている。しかし森と海は繋がっているのだ。森林を整備すると下流の海が豊かになる。漁民なら昔から知っていたこれらの智恵を科学し、環境の総合的理解と統合的管理を目指す新しい学問を創造する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 森・里・海の循環学(連環する環、連関しない環
  • 森をめぐる物質循環
  • 海を守る森 ほか)
  • 2部 森・里・海とヒトの相互作用(森と水、人と自然
  • 森は海の恋人)
  • 3部 森・里・海の法と経済(森から海までの統合的管理と法制度
  • 森から海までの環境経済学)
  • 「森・里・海」の発想とは何か
  • 付録 用語解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森里海連環学 : 森から海までの統合的管理を目指して
著作者等 京都大学フィールド科学教育研究センター
山下 洋
書名ヨミ モリ サト ウミ レンカンガク : モリ カラ ウミ マデノ トウゴウテキ カンリ オ メザシテ
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2007.2
ページ数 364p 図版4枚
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87698-689-7
NCID BA80960766
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21205008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想