フィーリング・バース

矢島床子 話す人 ; 三井ひろみ 聞く人

国分寺に助産院を開いて20年目、3000人以上のおかあさんと赤ちゃんに出会っている矢島床子さん。ラマーズ法やアクティブ・バースは、たしかにお産の考え方を変えたけれども、なんかピンとこない。ほんとうに女性をしあわせにするお産って、どんなものなんだろう?そんな漠然とした疑問に答えてくれたのは、やはり妊婦さんたちだったのです。お産の感想ノートをつけてもらっていると、充分に自分の力を出し切ったお産の後で、おかあさんたちは明らかに変わってゆく。大人になる、母になる、社会化していく。それはからだを通した実感。だから、簡単にゆらがないのです。痛みをふくめて、女性にしか味わえない、お産を感じてほしい。そんな願いをこめて、この本をつくりました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フィーリング・バース-産むことを感じる
  • お産を感じる三つのこと
  • お産と出会う
  • 人は人のなかで育つ-地域の拠点として(三井ひろみ)
  • 助産婦になるまで-助産婦という職業1
  • これからの助産婦-助産婦という職業2
  • 助産婦さんといっしょに赤ちゃんを産む(三井ひろみ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フィーリング・バース
著作者等 三井 ひろみ
矢島 床子
書名ヨミ フィーリング バース : ココロ ト カラダ デ カンジル オサン
書名別名 Feeling birth

心と体で感じるお産
出版元 バジリコ
刊行年月 2007.1
ページ数 103p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86238-039-5
NCID BA80928344
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21261820
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想