比較文化の可能性 : 日本近代化論への学際的アプローチ : 照屋佳男先生古稀記念

池田雅之, 古賀勝次郎 編著

[目次]

  • 第1部 比較文化の可能性(「国際化」から「グローバリゼーション」へ-日本思想史の一断面
  • 八雲文学が語りかけるもの-『怪談』と自伝的断篇をめぐって ほか)
  • 第2部 比較文化論の諸相(母権論とロマン主義-ロレンス、柳田国男、佐喜真興英
  • 国際社会単位組み替えの方法論としての"機能"の利用 ほか)
  • 第3部 日本文化と近代化の問題(安井息軒における道徳と法-儒家思想と法家思想の架橋
  • 山岡鉄舟と禅について ほか)
  • 第4部 欧米文化と現代社会(ディズニーと「文化」
  • アイザイア・バーリンとロマン主義の諸相 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 比較文化の可能性 : 日本近代化論への学際的アプローチ : 照屋佳男先生古稀記念
著作者等 古賀 勝次郎
池田 雅之
照屋 佳男
書名ヨミ ヒカク ブンカ ノ カノウセイ : ニホン キンダイカ ロン エノ ガクサイテキ アプローチ : テルヤ ヨシオ センセイ コキ キネン
書名別名 Hikaku bunka no kanosei
出版元 成文堂
刊行年月 2007.1
ページ数 482p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7923-7077-0
NCID BA80869700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21205252
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
Ethno-symbolism and global culture Yukie Sasaki
E・トレルチの政治思想を顧みる 坂本進
Images of Japan in recent western films Thomas J.Cogan
〈近代化〉と〈短歌〉 内藤明
「国際化」から「グローバリゼーション」へ 牛村圭
よみがえった五箇条の御誓文 新美貴英
アイザイア・バーリンとロマン主義の諸相 上森亮
ディズニーと「文化」 有馬哲夫
一九三〇年代末の多文化、多元性重視の姿勢 兼田麗子
八雲文学が語りかけるもの 池田 雅之
叛逆する精神 小林竜一
国際社会単位組み替えの方法論としての"機能"の利用 柑本英雄
大統領レトリック研究の方向性 西川秀和
安井息軒における道徳と法 古賀 勝次郎
小学校英語必修化問題と言語文化 樋口謙一郎
山岡鉄舟と禅について 島善高
平塚らいてうにおける『詩人』概念について 川口さつき
戦争記念空間について 中村香代子
文化と教育 大庭由子
日本文化と近代化の問題
欧米文化と現代社会
母権論とロマン主義 山口廸彦
比較文化の可能性
比較文化論の諸相
沖縄とカリブ海地域に共通する文化ナショナリズム的言説と動向 佐藤由紀
熊沢蕃山と岡山藩主池田光政 高柳俊哉
現代日本文化の海外普及に関する現状分析と課題 小林亜紀子
生とその形象としての思想 今井隆太
近代の別れ目 浜田泉
選挙制度改革以降における自民党の候補者選定 浅野正彦
金城哲夫研究序説 田中理子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想