布留散東 はちすの露 草径集 志濃夫廼舎歌集

良寛 原著 ; 鈴木健一 著良寛 詠 ; 貞心尼 編 ; 鈴木健一 著 ; 大隈言道 原著 ; 進藤康子 著 ; 橘曙覧 原著 ; 久保田啓一 著

子供らと手鞠を突いて春の日永を暮らす良寛、若妻の背に眠る幼児に握られた風車に見入る大隈言道、たまに魚を煮て愛児たちと「うまい、うまい」と舌鼓を打つ橘曙覧-江戸後期の和歌史上最も人々に親しまれ、愛唱される歌の数々を残した3歌人。その4種の家集に新鮮・詳細な注を加え、近世文学界・近世社会を見通した曇りのない目で、これらの歌人の新たな位置付けを試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 布留散東
  • はちすの露
  • 草径集
  • 志濃夫廼舎歌集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 布留散東 はちすの露 草径集 志濃夫廼舎歌集
著作者等 久保田 啓一
大隈 言道
橘 曙覧
良寛
貞心
進藤 康子
鈴木 健一
久保田 淳
書名ヨミ フルサト. ハチス ノ ツユ. ソウケイシュウ. シノブノヤ カシュウ
シリーズ名 和歌文学大系 / 久保田淳 監修 74
出版元 明治書院
刊行年月 2007.4
ページ数 506p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-625-41400-8
NCID BA8086600X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21205251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想