独仏関係と戦後ヨーロッパ国際秩序 : ドゴール外交とヨーロッパの構築1958-1969

川嶋周一 著

1958年、アルジェリアをめぐり国家の危機にあったフランスに、第二次大戦の英雄ドゴールは政治指導者として復活した。政権復帰から退陣までのドゴールのヨーロッパ秩序再編構想とその国際的反応を、本書は分析する。膨大な量の仏・独・米・欧州共同体の一次史料から見えてくるのは、冷戦と分断という秩序を書き換え、組み直し、そして突き破ろうとしたアデナウアー、ケネディ、ブラントなどの思惑の交錯・衝突と、冷戦・欧州統合・脱植民地化・独仏関係が連関しあいながら展開される多国間外交の姿である。その外交の末に我々が目にするのは、冷戦構造を侵食する重層的なメカニズムの形成であった。時代の転換点で人々はいかにして次の秩序を模索するのか?-本書は、冷戦構造の変容が進む中で、ドゴール外交を出発点としながら、欧州統合と大西洋同盟の二つの国際秩序において「ヨーロッパ」が立ち上がる様子を活写する。従来の外交史研究では捉えきれなかった、国民国家を超える政治空間の構築を解明する、「ヨーロッパ構築史」の清新な試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦後ヨーロッパ国際関係史の再構築
  • 第1部 「大構想」の実現を目指して 一九五八‐一九六三-ドゴール=アデナウアー時代のヨーロッパ国際政治(アングロサクソン、アルジェリア、世界政策 一九五八‐一九六〇-ドゴール政権復帰後のフランス外交
  • 政治同盟交渉 一九五九‐一九六二
  • 米仏二つの大構想と西ドイツ外交 一九六一‐一九六二
  • エリゼ条約の成立 一九六二‐一九六三)
  • 第2部 「大構想」後のヨーロッパ国際政治の危機とその克服 一九六三‐一九六九-デタントと共同市場(ドゴール外交の「頂点」 一九六三‐一九六六-自主外交とデタントへの転回
  • ヨーロッパ・デタント 一九六三‐一九六八-西ドイツによる東西関係変革の模索
  • ヨーロッパ統合の危機 一九六三‐一九六五
  • ヨーロッパ共同体の定着 一九六五‐一九六九)
  • 統合されたヨーロッパと多極化された世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 独仏関係と戦後ヨーロッパ国際秩序 : ドゴール外交とヨーロッパの構築1958-1969
著作者等 川嶋 周一
書名ヨミ ドクブツ カンケイ ト センゴ ヨーロッパ コクサイ チツジョ : ドゴール ガイコウ ト ヨーロッパ ノ コウチク 1958-1969
出版元 創文社
刊行年月 2007.1
ページ数 259, 88p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-423-71069-2
NCID BA80865812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21265212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想