メディアと政治

蒲島郁夫, 竹下俊郎, 芹川洋一 著

55年体制が崩壊した後、小泉政権の登場によって、政治におけるメディアの重要性は劇的に高まった。「メディア多元主義モデル」を前提に、理論、実証、そして実際にメディアと政治が対峙する政治報道の現場から、メディアと政治の関係をわかりやすく説いた新しいテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論篇(メディアと政治
  • モデルの提起
  • メディアの自由に対する制約
  • メディアの政治的影響
  • メディアと世論)
  • 第2部 実際篇(政治取材はどう行われているか
  • 日本におけるニュース制作過程
  • テレビ政治と雑誌政局)
  • 第3部 変化篇(マスメディア、党首評価、投票行動
  • 変わるメディアと変わる政治
  • ネットと政治)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアと政治
著作者等 竹下 俊郎
芹川 洋一
蒲島 郁夫
書名ヨミ メディア ト セイジ
シリーズ名 有斐閣アルマ specialized
出版元 有斐閣
刊行年月 2007.2
ページ数 300p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-12310-6
NCID BA80836020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21206511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想