女学校と女学生 : 教養・たしなみ・モダン文化

稲垣恭子 著

旧制高等女学校の生徒たちは、戦前期の女性教養層を代表する存在だった。同世代の女性の大多数とはいえない人数であったにもかかわらず、明治・大正・昭和史の一面を象徴するものだったことは疑いない。本書は、彼女たちの学校教育、家庭環境、対人関係の実態を検証する試みである。五〇年弱しか存在しなかったにもかかわらず、消滅後も、卒業生たちの思想と行動をコントロールし続けた特異な文化の再発見。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 女学生とは
  • 第1章 文学少女
  • 第2章 女学生の手紙の世界
  • 第3章 堕落女学生・不良少女・モダンガール
  • 第4章 ミッション女学生
  • 終章 「軽薄な知」の系譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女学校と女学生 : 教養・たしなみ・モダン文化
著作者等 稲垣 恭子
書名ヨミ ジョガッコウ ト ジョガクセイ : キョウヨウ タシナミ モダン ブンカ
書名別名 Jogakko to jogakusei
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2007.2
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101884-7
NCID BA80835298
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21216649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想