写楽 : 江戸人としての実像

中野三敏 著

寛政六年(一七九四)から翌年にかけて、浮世絵界に忽然と現われて消えた画号「東洲斎写楽」。その素性についての「誰それ説」は枚挙に暇がないが、実はこの現象が過熱したのは、戦後のことに過ぎない。本書はまず、江戸文化のなかで浮世絵が占める位置を再考した上で、残された数少ない手がかりを丁寧に考証し、写楽が阿波藩士斎藤十郎兵衛であることを解き明かす。それを通じて、歴史・文献研究の最善の方法論をも示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 江戸文化における「雅」と「俗」-写楽跡追い前段
  • 第2章 すべては『浮世絵類考』に始まる
  • 第3章 斎藤月岑という人
  • 第4章 『江戸方角分』の出現
  • 第5章 『江戸方角分』と写楽
  • 第6章 大団円
  • 補章 もう一人の写楽斎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 写楽 : 江戸人としての実像
著作者等 中野 三敏
書名ヨミ シャラク : エドジン ト シテノ ジツゾウ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2007.2
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101886-1
NCID BA80834637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21216652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想