聖徳太子と飛鳥仏教

曾根正人 著

大きく変貌して倭国に伝来した仏教は、どのような姿だったのか。時の東アジア世界、倭人社会、「聖徳太子」において仏教とは何だったのか。日本仏教の夜明けと「太子」の仏教を、世界仏教のなかに甦らせた古代仏教史入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 飛鳥仏教への招待-プロローグ
  • 飛鳥仏教史の課題
  • 仏教の誕生と流伝
  • 仏教公伝
  • 推古朝の仏教と厩戸皇子
  • 奈良仏教への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖徳太子と飛鳥仏教
著作者等 曽根 正人
曾根 正人
書名ヨミ ショウトク タイシ ト アスカ ブッキョウ
書名別名 Shotoku taishi to asuka bukkyo
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 228
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.3
ページ数 208p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05628-1
NCID BA80764305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21199578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想