ジャズの歴史

相倉久人 著

書斎のジャズ、酒場のジャズ、演じるジャズに語るジャズ-ジャズって何だ?百人いれば百通りのとらえ方があり、定義するのも難しい。奴隷制度から禁酒法、二度の大戦、黒人運動、ベトナム戦争、そしてポスト・モダン-。誕生からほぼ一世紀、アメリカ現代史とともに、ジャズは人種、文化の衝突と融合のなかで、自在にその姿かたちを変えてきた。ジャズ評論界の第一人者による、ジャズ入門書の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ジャズって何だ?
  • ジャズ誕生への道のり
  • ニューオリンズからシカゴへ
  • 暗黒街と「ジャズ・エイジ」
  • スウィング時代とカンザス・シティー
  • ビ・バップからクールへ
  • ウェストコーストとハード・バップ
  • JATPとニューポート・ジャズ・フェスティヴァル
  • 映画×ジャズ×ビート詩
  • フリー・ジャズ誕生
  • 多極化するジャズ×日本からの発信
  • "ポストモダン"とジャズ
  • ジャズって何だ?ふたたび

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャズの歴史
著作者等 相倉 久人
書名ヨミ ジャズ ノ レキシ : シンショ デ ニュウモン
書名別名 新書で入門

Jazu no rekishi
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2007.2
ページ数 197p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610203-5
NCID BA80759702
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21196356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想