交通事故はなぜなくならないか : リスク行動の心理学

ジェラルド・J.S.ワイルド 著 ; 芳賀繁 訳

いくら安全装置を改善しても、道路を改良しても、取締りを強化しても、交通事故は減らない-なぜか?学界と業界にセンセーションを巻き起こしているリスク・ホメオスタシス理論の考え方。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ホメオスタシスという概念
  • リスク行動の簡潔な理論を目指して
  • リスク・ホメオスタシス理論
  • 推論とデータ
  • 教育による介入
  • 工学的治療?
  • 取り締まり
  • 実験室でのリスク・ホメオスタシス理論
  • 個人差
  • 安全と健康への動機づけ
  • さらなる展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 交通事故はなぜなくならないか : リスク行動の心理学
著作者等 Wilde, Gerald J. S
芳賀 繁
Wilde Gerald J.S.
ワイルド ジェラルド・J.S.
書名ヨミ コウツウ ジコ ワ ナゼ ナクナラナイカ : リスク コウドウ ノ シンリガク
書名別名 Target risk. (2nd ed.)

Kotsu jiko wa naze nakunaranaika
出版元 新曜社
刊行年月 2007.2
ページ数 293, 49p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7885-1033-3
NCID BA80740497
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21190675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想